BLOG

テレビなど指定家電を処分する

2020-10-04

処分方法としては、家電リサイクル券という券を発行して、メーカーに引き渡すことができるそうです。これは郵便のレターパックなどと同じように、それぞれお問い合わせ番号やバーコードが割り振られています。そのためインターネットを使えば、今どこに移動しているかの追跡をすることができますので、自分の引き渡した家電が不法に取り扱われる心配はありません。ただし、業務用のショーケース型の冷蔵庫などは、これに該当しないそうです。基本処分する場合はリサイクル料金は必ず必要になります。ですが場合によっては購入時に負担している場合があるので、確認する必要があります。新規購入と合わせて処分を行う場合、搬出料金等に関しては有料かどうか確認するのがいいでしょう。自治体指定の回収業者に依頼する場合、自治体にリサイクル券の方式が料金販売店回収方式か料金郵便局支払方式かを確認する必要があり、必ず自治体の指示に従わなければなりません。面倒ではありますが、しっかりと調べて対処することで、不要なトラブルを防げるはずです。