塗装業者を選ぶポイント

WEB上には外壁塗装を請け負う業者のサイトがたくさんあり、それぞれ自分の実績や仕事に対する姿勢などを公開しています。

いくつもあるWEBサイトの中から、自分が住んでいる地域の業者さんを探しだし、外壁の塗り替えを依頼する方も少なくないのですが、満足のいく塗り替えを実現するには、ネット上で業者が見つかったあとに、信頼のおける業者さんかどうかを自分自身で見極めることが何より大切です。

見極めのポイントは下記の通りです。

①毎年きちんと法人税を納税していること、すなわち健全な経営をしていること、

②経営者に顧客の立場に立って外壁塗装に関する問題を解決しようという姿勢、考え方を持っていること、

③その業者が請け負っている外壁塗装の現場があったら、そこで作業をしている従業員(実際に作業する職人さんたち)の仕事ぶりを見て、その会社が掲げる経営理念に沿った仕事をしているかどうか、

④その業者の事務所あるいは請け負っている現場が整理整頓されているかどうかを見る、

⑤外壁の塗り替えのみならず、シーリング工事や防水工事、屋根工事、板金工事、大工事を自社職人で対応できること、

➅その業者が、社会保険や雇用保険、労働保険などの事業者登録をしていること、

➆従業員の資格取得状況(都道府県職業能力開発協会が認定する「塗装技能士」をはじめ、「足場の組み立て等作業主任者」「防水施工技能士」「有機溶剤作業主任者」「2級建築施工管理技士」などを持っているか、または資格取得を支援する姿勢が計エお医者にあるかどうか)、

⑧その業者が最近携わった現場の「工程管理表」を見せてくれる――これら8つのポイントをクリアしている業者ならば安心して任せられる業者である可能性が高いと言えます。

自然豊かな石巻市で暮らす Myxologie>>>サイトトップへ